様々なタイプの夜行バス

1960年代に登場という、意外に古い歴史を持つ夜行バスですが、現在日本の多くの都市に路線網を持つようになるまでに普及したきっかけとしては、1983年に登場し、関西圏と福岡県を結んだ「ムーンライト号」の存在がありました。
大型のハイデッカー車両に3列独立シート、トイレや自動車電話を装備した豪華車両は、その後の夜行バスの流れを作ったのです。



安価が自慢の夜行バスですが、快適さではいまひとつという評判があるのは否めません。



3列独立、大きなリクライニング角を持つシートをもってしてさえ、全体的な窮屈感や車体の揺れにより眠れないという声が多いためです。
それでもバスを運行している各社は、装備に様々な工夫を凝らして快適な旅への努力を続けています。
トイレ一つをとってもそうですが、狭いバス車内にトイレを設置するのだから狭くても文句は言えないという考え方を覆し、まるでシティホテルのような洗面台に着替え台までついたトイレスペースを有する車両もあります。



この充実した洗面施設でリフレッシュできれば、早朝到着後にさっぱりとした気分で活動を開始できそうです。



そして座席も進化を続けています。

3列独立シートが騒がれたのはもはや過去の話。

最近では左右2列のシートすら登場しています。



カーテンを閉めれば個室そのもののプライバシーを保つことができますし、カーテンどころかパーティションで仕切るタイプの超豪華仕様をもつ座席もあります。
そのため1車両の定員がわずか14名というものも出てきています。



そのような豪華バスの中には、料金が同区間で競合する新幹線を上回ってしまうものもありますが、宿泊費が削れること、新幹線のグリーン車以上の快適さが得られることなどを考えれば、まだまだ夜行バスはお得といえるのです。

ちょっとした旅行に行きたいときに利用したいのが高速バス旅行です。

高速バス旅行はなんといっても安さが魅力です。
片道一万円以内で行けるなど、タクシーと比べると長距離を驚くほど安く走っていると感じます。

しかも移動手段もよく、効率よくいろんな場所に行けるのはとても便利です。



高速バス旅行に多いのが、深夜を移動する「夜行バス」です。ほとんどが深夜に移動し、到着場所に着くのが早朝から午前といった時間になります。

女性もこういった夜行バス旅行をしたいと思っていますが、一晩中バスに乗っているのは不安だと考えるひともいます。


たとえば、搭乗者が女性だけでない場合は、隣の席が男性になってしまったらどうしようと心配になります。

ですが、実際の場合ほとんどのバス会社では、隣が異性にならないように配慮してくれるなど心配はいらないようです。

安いプランの場合では、4列シートといった狭いものに座ることになることもありますが、少しお金をだすことで3列、あるいは2列シートになるなど、他人と隣合うことがないようにすることもできます。長距離バス旅行がはじめてのひとは、長い時間座ることになるので、座席がゆったりとしたリラックスできるプランのものを選ぶのがよいです。女性の場合、トイレといったことが気になりますが、トイレが設置されているバスも多くあります。



もちろん、2〜3時間置きにトイレ休憩を挟むので女性の方にも安心して旅を楽しむことができます。
窓から移動までの景色を楽しんだり、サービスエリアでの休憩もまた楽しみの一つです。


女性の方にぴったりな夜行バスプランも多くあるのでおすすめです。

関連リンク

24時間365日のトランクルームがおすすめ


トランクルームは24時間いつでも使えるところがおすすめです。さらにこうした内容において365日いつでも利用できる業者があるので、これだと一年間で本当に自分が使いたい時に荷物を預ける、荷物を取り出すことが可能となります。...

超豪華夜行バスで日本縦断


1960年代に登場した夜行バスですが、当時は昼行便と同じ車両や座席で運行されていたそうです。その後1983年に関西地区から福岡県をむすぶ「ムーンライト号」が登場して以降、安価で快適な交通機関としての夜行バスが人気を呼び、瞬く間に鉄道、交通といった都市間交通のシェア争いに参入するようになりました。...